カンブリア宮殿 「地元救世のテーマパーク!世界中から注目を浴びる!」

カンブリア宮殿激安もやしの裏側!33年連続黒字…挑み続けた型破り経営

2014年5月8日放送  テレビ東京
村上龍 小池栄子 中田智洋

このテレビ番組の内容は非常に興味深いものです。
岐阜・中津川市の地元を救おうとする取り組みが紹介されており、その中心になっているのはサラダコスモという企業の中田智洋社長の存在です。
人口が減少し、休耕地も目立つ中で、中田社長はヨーロッパ原産のちこりという野菜の栽培を始めました。

そして、そのちこりをテーマにした「ちこり村」をオープンし、地元メーカーとの共同開発商品を販売しているそうです。
このような地域資源を活用した取り組みは非常に素晴らしいと思います。
さらに、ちこり村では高齢者の雇用も行っているようです。

高齢化が進む中津川市において、雇用の機会を提供することは地域の活性化にもつながるでしょう。
番組では、中田社長が来場者に対して商品の売り込みをしている様子も放映されていました。
地元の人々や観光客に対して、自身の商品に対する情熱を伝える姿勢はとても感銘を受けます。

こうした地域への貢献や地元資源の活用は、地域の活性化や地域住民の雇用創出につながります。
地元に愛されるテーマパーク、ちこり村の成功を願っています。