カンブリア宮殿 「日本の魔法のチェーン!モノを動かすトップ企業」

カンブリア宮殿チェーンを極めて100年!世界No.1の強さを生む挑戦&突破力!

2016年3月31日放送  テレビ東京
村上龍 小池栄子 長勇

このテレビ番組の内容を聞いて、椿本チエインのチェーンの開発について驚きました。
彼らのチェーンはエスカレーターやジェットコースターなど、さまざまな場所で使用されているのだとか。
特に注目したいのは、独自開発のジップチェーンです。

2本のチェーンが噛み合うと1本の棒形となり、コンサートの昇降リフトに使用されているそうです。
これは本当に驚くべき技術ですね。
さらに、椿本のチェーンは産業用チェーンとして世界一に輝き、売上高も2000億円に迫っているとのことです。

長勇会長は高機能のチェーンづくりに特化したいとコメントしており、その情熱が伝わってきます。
また、浦和工場では50種類以上の椿本チエインのチェーンが採用されており、彼らのチェーンなしでは操業に支障が出るほど信頼されているようです。
椿本チエインは2万種類のチェーンを取り扱っており、それを生かして仕分け・搬送システムの開発も行なっています。

浜松市のスクロールロジスティクスセンターでは彼らのシステムが導入され、出荷能力が30%~50%向上したとのことです。
素晴らしい技術と情熱を持った椿本チエインの取り組みには感銘を受けます。
彼らのチェーンの技術がますます進化することを期待しています。