カンブリア宮殿 「ボロ家からの挑戦!地元への愛が生んだ絶品肉レストラン」

カンブリア宮殿【あふれる肉汁の大人気店!絶品ハンバーグから驚きの塊焼きまで】

2017年3月16日放送  テレビ東京
村上龍 小池栄子

この番組では、一関市の素朴な焼肉店「格之進」の経営者である千葉さんの物語が紹介されています。
千葉さんは、都会での生活を楽しんでいたものの、実家の牧場が経営難に陥っていたことに心を痛め、脱サラして一関市に戻りました。
千葉さんは、ユニクロの成功をヒントにして焼肉店を開業しましたが、最初はまったく客が来ない状況に陥ります。

しかし、千葉さんが買い付けた肉に奇跡が起こり、人々の舌を唸らせる絶品の熟成肉が提供できるようになったことで、店は徐々に注目を浴びるようになります。
その熟成肉は、地元・岩手の和牛「いわて南牛」であり、千葉さんはこれを通じて地元の生産者を応援しようという思いを持っています。
千葉さんは、家族に我慢を強いるような生活をしながらも、稼いだお金を店舗の拡大に投資しています。

彼の家は質素であり、寒い季節には窓ガラスが凍るほどの状況ですが、千葉さんは地元の牛肉を広く知ってもらいたいという思いから、家族のためにも仕事に全力を注いでいます。
この番組は、千葉さんの地元への思いや家族の支えを通じて、彼の経営するレストランの成功の物語を描いています。
地元の特産品を活かし、素材や味にこだわったレストランは、多くの人々に喜ばれているようです。

千葉さんの情熱と努力が、地元と都会を食で繋ぐ架け橋となっています。