カンブリア宮殿 「駅ナカ進出の衝撃!高級路線の罠とは?」

カンブリア宮殿【高級スーパーのエキナカ戦略!】

2021年12月2日放送  テレビ東京
村上龍 小池栄子

紀ノ国屋の進出で大変身した駅ナカビジネスの成功例として、名古屋の名鉄百貨店にオープンした紀ノ国屋が取り上げられました。
初日から多くのお客様が訪れ、特にエコバックやナナちゃん人形バージョンのエコバッグが人気だったそうです。
紀ノ国屋は過去には経営難もありましたが、徳太郎氏の決断でJR東日本の傘下に入ることで危機を脱しました。

JR東日本は運賃収入の減少を受けて駅ナカビジネスを強化し、紀ノ国屋の買収によって倒産の危機を脱したとのことです。
しかし、紀ノ国屋は新店舗をオープンしても高級スーパー路線がうまくいかず、高橋副社長の改革によって方針を変え。
日常使いの商品にフォーカスし、売上を伸ばし生き残ったとのことです。

また、ライバルのスーパーマーケットの一角にも紀ノ国屋の商品が置かれているとのことです。