カンブリア宮殿 「飯田屋革命!相棒との運命的な出会い」

カンブリア宮殿【過剰在庫OKで大繁盛!合羽橋・料理道具店の喜ばせ術】

2021年11月11日放送  テレビ東京
村上龍 小池栄子

この番組の内容は非常に興味深く、飯田屋の運命を変える出来事に焦点を当てています。
飯田屋の商品は大手ショップでも非常に人気であり、特にエバーピーラーは銀座のロフトでも大ヒットしているようです。
しかし、このピーラーは岐阜のメーカーであるサンクラフトとの共同制作によって生まれたものだそうです。

飯田屋は握力の弱い人でも使いやすいピーラーを開発したいと考え、様々なメーカーに協力を依頼しましたが、断られるばかりでした。
しかし、サンクラフトだけがこの挑戦を受け入れ、ピーラー開発に取り組んでくれました。
ただし、飯田屋の細かい要望により、サンクラフトの現場は混乱したようです。

飯田さんがここまでこだわる理由には、過去に失敗が関わっていたようです。
飯田屋は大正元年に創業された老舗の店ですが、飯田さん自身は家業を継ぐ気はなく、大学在学中にWEB制作会社を起業してしまいました。
しかし、ある日、母から飯田屋が危機に瀕していることを知らされます。

経営状態は倒産寸前まで追い込まれていたとのことです。
そこで飯田さんは2009年に飯田屋に入社し、売上回復のために合羽橋中の店の価格を調べ、最安値に設定しました。
しかし、全く売れず、前とほとんど変わらない売上だったそうです。

物を安く売ったために利益も得られず、さらに安い商品を取り扱うようになったとのことですが、その品質の悪さによってクレームが相次ぎ、常連客をも失ってしまいました。
この結果、飯田さんは店舗を更に窮地に陥れてしまったのです。
飯田さんは商品を最安値で提供するため、周りの価格を調査していたところ、別の店の店主に怒られたと言います。

その時に神様のような存在とも言えるお客様が訪れたとのことです。
このように、飯田屋の波乱に満ちた運命を変えた出来事が描かれているこの番組は、一人の経営者の奮闘や挫折、そして新たな出会いがどのように事業に影響を与えたのかというストーリーがとても感動的です。
私はこの番組の内容に引き込まれ、飯田屋の新たな成功への道に注目しています。