カンブリア宮殿 「中国市場で100億円を狙える究極の商品」

カンブリア宮殿スペシャル【蚊取り線香から哺乳瓶まで!アジア大攻略2013】

2013年1月10日放送  テレビ東京
村上龍 小池栄子 大越昭夫

この番組の内容を聞いて、私にはいくつかの感想があります。
まず、ピジョンのビジネスモデルの成功は注目に値します。
中国市場でのトップに躍り出るとは驚きです。

一万四千店舗での販売と、正規品とコピー商品の判別サービスの提供は、信頼性を高めるために必要なことですね。
また、陳潔さんがピジョン製品を愛用して価格を問題視していないという話には感心しました。
価格が高くても品質に満足しているようですね。

これは商品の価値を訴求し、ブランドイメージを確立している証拠かもしれません。
ピジョンの社長である北澤憲政氏の話も興味深いです。
彼が無名の状態からピジョンをトップブランドに育て上げたというのは、彼の決断とリーダーシップの賜物だと思います。

最初は不安だったかもしれませんが、育児相談室の運営や休養施設の設置など、ユーザーのニーズに応えるための施策を積極的に取り組んだことは、競争力のあるブランドを築く一助になったのかもしれません。
最後に、上海静安ホテルが出産直後の女性のために休養施設を設置し、赤ちゃんの世話をするというサービスを提供していることも素晴らしいです。
これは、赤ちゃんと母親のケアに対する関心と配慮が感じられます。

この番組を見て、ピジョンの成功には様々な要素が組み合わさっていることがわかりました。
ビジネスの創造力とユーザーに対する思いやりが重要な要素となっているのでしょう。