カンブリア宮殿 「秘密の大量生産で美味しいお手頃牛肉を実現!」

カンブリア宮殿1次産業にこだわる!世界が注目する和牛王の不屈経営術

2015年2月12日放送  テレビ東京
村上龍 小池栄子 野崎喜久雄

この番組の内容は興味深く、牛肉の生産についての情報がたくさん詰まっていました。
ウェスティンホテル東京鉄板焼恵比寿では、のざき牛という和牛が提供されているそうです。
この肉を使い始めてから売上が20%も上がったとのことで、その味の良さが実際に証明されているのですね。

また、東京のイトーヨーカドー木馬店でものざき牛や松阪牛が販売されているそうです。
のざき牛は松阪牛に比べてお手頃価格だそうで、その結果、のざき牛の販売は売上の4割を占めるまでになったとのこと。
お手頃価格でありながらも美味しい肉が提供されているのは嬉しいですね。

さらに、薩摩川内市の「農業生産法人 のざき」では黒毛和牛を育てているそうです。
黒毛和牛は日本で最もポピュラーな和牛であり、肉牛として作るには最適だとのこと。
また、和牛は明治以前から日本にいた黒毛和種などに限られるとのことですが、有名なブランド牛も元をたどれば同じ和牛とのこと。

個々の地域で育てられている和牛は、その地域の名前を冠しているようです。
興味深いのは、のざき社長の話。
彼は肉専用の種として改良されている黒毛和牛が肉牛として最適だと話していました。

また、のざきでは育てている和牛の数が日本最大級の4800頭であり、牛舎にはたったの15人しか働いていないとのこと。
効率的に大量生産されているのですね。
牛肉の生産には様々な要素が絡んでいることが分かりました。

美味しさとお手頃価格を両立させるための牛の育て方や、和牛の定義、そして効率的な生産方法など、興味深い話題がたくさんありました。
この番組を視聴して、牛肉についての理解が深まりました。